• 国内メーカー名入れキャンペーン実施中!
  • 手帳・ダイアリー特集
  • 2018年 干支・年始グッズ特集
  • オータム&ウインターグッズ特集
  • エコバッグ特集
WEBカタログ

カテゴリーリスト

筆記用具

ステーショナリー

美容・健康

アウトドア・ホビー

フード・家庭用品

バッグ・ファッション

時計・インテリア他

筆記具 ステーショナリー 美容・健康 アウトドア・ホビー フード・家庭用品
バッグ・ファッション 時計・インテリア他 目的・用途別 特集 特価品
2018年版 卓上・壁掛けカレンダー特集
2018年版卓上・壁掛けカレンダー特集
バッグの生地について

ギフトイットでは様々な生地のバッグをご用意しております。なかでも主流の「コットン」「不織布」についてご紹介します。

コットン | 不織布
コットン

コットンは英語で「綿」のことをいいます。柔らかく適度な弾力がある為、衣類用として多く使われています。

○長所

✕短所

・肌触りが良く、丈夫で、吸水性、保湿性、耐熱性に優れていて扱
 いやすい。
・コットン100%使用の場合、天然素材なので燃やしても有毒ガスが
 発生しない。
・染色しやすい。
・汗や水、日光により色落ちしやすい。
・縮んだりシワになりやすい。

厚さの単位:オンス(oz) (1オンス=約28.3g/yd²) ※クリックすると画像が拡大します。

  薄手 標準 厚手
3オンス 6オンス 9オンス 12オンス
生地の
拡大図
3オンス 6オンス 9オンス 12オンス
生地の
透け感
3オンス 透け感 6オンス 透け感 9オンス 透け感 12オンス 透け感
特徴

・薄いため、折りたたんで小さくまとめやすい。
・かさばりにくいので、大量に配る場合に適している。

・普段使いに適した強度があり、かつ柔らかいので、扱いやすい。
・薄手の生地と比べ、厚みがあるため中身が透けにくい。

・厚手で丈夫。重い荷物を入れるのに適している。
・厚手なので中身が透けない。

厚みの
目安

・薄手のTシャツ程度の厚み。

・肉厚生地Tシャツは5~7オンス程度のものが主流。
・薄手のパーカーなどの厚みは9オンス程度(裏側のパイル地を除く) が一般的。

・ジーンズの厚みは12~14オンス程度が一般的と言われている。

※商品・本体色によって透け感は異なります。
※画像内のキャンペーンチラシは透け感を確認するために使用しているものです。

【オンス(oz)とは?】
コットン製のバッグの生地の厚みは「オンス(oz)」という単位が一般的に使用されて います。生地の厚みの指標として、1平方ヤード(縦横の長さが0.914mの面積)あたりの重量として表されることが多いです。この場合、1オンス=約28.3g/yd²となります。

不織布

名前の通り「織っていない布」のことです。通常、布は繊維を織って作りますが、不織布は接着剤や熱処理によって繊維を絡み合わせる事で布状に加工します。
レンタル(CD・DVD)の簡易ケース、ティーバッグ、マスク、紙おむつなどに使われています。

○長所

✕短所

・繊維を織らないので、ほつれない。
・変色しにくい。
・通気性が良い。
・同程度の厚みのコットンと比べると強度や耐久性が劣る。

厚さの単位:g/㎡  ※クリックすると画像が拡大します。

  薄手 標準 厚手
40g/㎡ 75g/㎡ 100g/㎡
染色前の生地の
拡大図

※確認しやすくする為
黒い台紙を敷いています。
40g/㎡ 75g/㎡ 100g/㎡
染色前の生地の
透け感
40g/㎡ 透け感(白) 75g/㎡ 透け感(白) 100g/㎡ 透け感(白)
染色後の生地の
透け感(淡色)

※写真はベージュを使用しています。
40g/㎡ 透け感(ベージュ) 75g/㎡ 透け感(ベージュ) 100g/㎡ 透け感(ベージュ)
染色後の生地の
透け感(濃色)

※写真は紺を使用しています。
40g/㎡ 透け感(紺) 75g/㎡ 透け感(紺) 100g/㎡ 透け感(紺)
特徴

・かさばりにくいので、大量に配る場合に適している。
・コストパフォーマンスに優れている。

・型崩れしにくい強度。
・商品購入時にお渡しするショッピングバッグや、展示会・説明会などでパンフレットや資料を入れるバッグとしてよく使われる。

・厚みがあり、しっかりしている。
・薄いバッグに比べ耐久性があるため、多少重量のあるものを入れても安心。

※商品・本体色によって透け感は異なります。
※画像内のキャンペーンチラシは透け感を確認するために使用しているものです。

【g/㎡とは?】
1平方メートル(㎡)あたりのグラム(g)数を表しています。

エコバッグ特集
エコバッグ特集はこちら